岡崎第6回タイトル

 
その年の冬、当時東京に住んでいた僕は、ある計画を胸に秘めていた。

 東京脱出田舎移住計画である。

 条件は、仕事の関係上そこそこ東京に近いこと。寒くないこと。海があること。田舎であること。

 夏前から調査を開始、かつて文士の町だった鎌倉は物価も高く、田舎ではない。千葉は正直、海の色が気に入らなかった。ただし家賃も安いし、サーフィンの本場だ。東京にも近い。

 そして伊豆の下田。

海が美しく、自然も豊か。田舎にしては物価は少々高めだが、サーフィンでも人気だ。

この町が一番気に入っていた。

 下田には、もう何年も、夏になれば、沼津の友人宅に泊まって遊びに来ていた。東京からだと千葉よりも遠いのがネックだが、夏に来た時、格安の賃貸一戸住宅を別荘地内に見つけた。

 K子とは付き合って三年、お互いすでにおじさんとおばさんだが、残りの人生というか、半生というかを、一緒に暮らしてみたかった。

 それならば、まずは下田を見せておきたい。夏に出ていたあの物件が、まだ残っていれば、即決しよう。

彼女は下田をどう思うのだろう。

朝早く東京を出て、伊豆に向かった。

運転はK子だ。

「下田かあ。久しぶりだわ。でもバレンタインデーに旅行なんていいじゃない。運転はわたしだけれど……」

 僕は運転免許を失効したままなのである。

「まさか新聞のホテル優待券が当たるとはね」

 だから下田旅行を彼女にプレゼントできたのである。二人で朝食込みで一万円は、Tホテルとしては格安料金だった。

 天城山を超えると、真冬にもかかわらず、緑が一層色濃くなった。

山が冬枯れしていない。

まさに南国を訪れた気分だ。

道は結構渋滞している。

山を下り、川沿いを走った。

「なによ、あれ? バレンタインデーなのに、桜が咲いてる! 桜よね?」

 運転するK子が、興奮気味に叫んだ。

「エッ? 桜? この季節に?」

 半信半疑の僕の目にも、色の濃いピンクの桜並木が飛び込んできた。

冬の気分が、一瞬にして春爛漫になる。

 僕たちは車の中で、二人だけの春を感じた。

 窓を開けた。

「たしかに東京ほどは寒くはないな」

「バレンタインデーに桜なんて、ステキよね」

 K子はうっとりとする。

 この桜が河津桜だと知ったのは、下田に移り住んでからのことである。

「あのバレタインデーの桜には、ほんとにびっくりしたよね」

 毎年、バレンタインデーを迎えるたびに、K子はこの時の旅行の話をしている。

 そのたびに、僕の脳裏には、あの鮮烈なピンク色がよみがえる。

 あの日、僕たちは、間違いなく二人だけの大切な時を過ごしたである。

 そしてK子は、今では海外を旅しているときでさえ、「下田のほうがいいよね」と口癖のように言っている。

 

photo: Jun Sato

photo: Jun Sato

日本一早いお花見を

「2016 河津桜まつり・みなみの桜と菜の花まつり」情報

コメントする

岡崎大五 プロフィール

岡崎大五(おかざき・だいご)

1962年、愛知県生まれ。
約80カ国を巡る旅の後、30歳で帰国し、海外専門のフリー添乗員として活躍。その後、自身の経験を活かして『アフリカ・アンダーグラウンド』『北新宿多国籍同盟』『汚名 裏原宿署特命捜査室』など、日本と海外事情を絶妙に対比、融合させたエンターテイメント作品を発表している。
○年より下田に移住。 執筆活動を続けながら、下田暮らしを満喫中。