土屋 修さん

1970年生まれ。18歳で板前を志し、30歳の時「閃味処 料磨」として店を構える。 金目鯛と素晴らしい出会いを持つ男。

「料磨」詳細はこちら

植松 幹夫さん

1960年生まれ。老舗「美松寿司」の三代目。漁師の娘を家内に持つ。
四代目を継ぐ長男が東京で修行中。

「美松寿司」詳細はこちら

最初はこんなもの、ダメだろ。と

あああああああ
あああああああああああ
ああああああああああああ

あああああああ

あああああああ

どんどん値の上がる金目鯛。

あああああああ
あああああああああああ
ああああああああああああ

あああああああ

あああああああ

下田のきんめ料理って。

あああああああ
あああああああああああ
ああああああああああああ

あああああああ

あああああああ

塩焼きなら旨い!と言える。

あああああああ
あああああああああああ
ああああああああああああ

あああああああ

あああああああ