香ばしい伊勢海老の香り漂う通り道

2012年 1月 23日

香ばしい伊勢海老の香り漂う通り道

潮の香りと伊勢海老の香りが漂う


昨日、磯料理ゑび満さんの前を自転車で通ったらなんとも良い香りが・・・。鼻をひくひく・・ンンン・・これはまさしく伊勢海老を焼いている匂い!
下田産の伊勢海老が網の上でパチパチと香ばしく焼かれその上に香りに一層の華やかさを加える醤油ダレが・・嗚呼・・そんなイメージが頭を占めます。
きっと伊勢海老の鬼瓦焼きでも作っているのかな?
それにしても通りには海からの潮の香り(ゑび満さんは港の側です)。そして時おりゑび満さんから漂う華やかな伊勢海老の香り。なんて素敵な通りだろう!ご近所さんが羨ましい!

伊勢海老の鬼瓦焼き

伊勢海老の鬼瓦焼き


創業50年も続く磯料理ゑび満。定番の伊勢海老料理はもちろんのこと創作の海鮮丼もまた楽しい。
最近では地魚づくし定1,800円が人気でこの金額で刺身・煮魚・焼き魚がついている。あまりのコストパフォーマンスの良さに店主(イケメン!)は複雑な心境。また店員さん(お母さんとお姉さん)の応対もキビキビとして気持ちイイ。

そして最近話題の「ブイ和ベース」。トマトベースの鍋なのに和だしの香り。具材はもちろん魚介です。
忘年会で一度食べて忘れられない味。〆にゴハンかスパゲッティを選べます。その時はパスタをチョイス。鍋の中の具をさらったら厨房に引き揚げられ待つこと数分。ようやく帰ってきたグツグツと沸き立つ鍋から心躍る素晴しい香りが!具は無いのに味は深みとコクがスゴイ。パルミジャーノがたっぷりとかかった〆のパスタは絶品でした!

潮の香りと香ばしい伊勢海老の香りに連れられて一度は押さえて欲しい下田の名店です。

磯料理ゑび満の詳細情報はコチラ

この記事を書いた人

焼家 さわち

海辺の小さな田舎町。 美味しい料理、心暖まる風景を紹介します。 職場は駅近くの焼家(焼肉)。
他にもこんな記事を書いています。

コメントする