下田モデル―カード
下田モデル―カード

売上増減調査

売上増減調査

令和2年12月、令和3年1月の前年比売上調査

コロナによる首都圏などの緊急事態宣言を受けて下田の飲食店への影響を調査しました。
昨年12月、今年1月の売上を前年同月と比較しています。
下田料理飲食店組合店 回答数: 36 件。

売上比較 円グラフ2021

増減率-01

意見・要望

 

  • 下田市は観光の町です。コロナで緊急事態宣言で周りの都府県が来られない状況です。(県をまたぐな!)下田は持続化給付金も出ないので店は潰れてしまいます。
  •  

  • 1月、2月はコロナで休業しています
  •  

  • 12月、1月は-50%、2月は-70%くらいきつそうな売上状態です。給付金をまただしてもらいたい。梅の花は咲いてもお客様こず静かな伊豆半島!先が見えない!仕入先業者はみんな泣いている。春はいつ来るのか?
  •  

  • 2月は-50%以上になっています。西伊豆町や松崎町が経営継続支援金を具体的に打ち出しています。他の市町でも取り組んでいるのを聞きます。是非とも下田市も大至急打ち出して頂きたいと心からお願い申し上げます。
  •  

  • 元々当店ではランチ営業のみで夜は営業しておりません。しかしながら観光客の激減、お得意様もお互いにコロナ感染をしてはいけないと、ほぼ全くこの1年間ご来店しておりません。特に首都圏の緊急事態宣言からはひどく、お客様’0’と言う日もあります。休業、時間短縮していなくても売上は激減し、家賃、経費が重くのしかかります。このままでは廃業、日本政策金融公庫より借りても返す事ができません。県や市においても国よりコロナの為のお金があるはずです。西伊豆町、松崎町、熱海のように給付金を出して欲しいです!!
  •  

  • 非常に厳しい状態です。何かしらの助成があったら教えて下さい。