平島部長

生まれ年:1980年
出身地:徳島県吉野川市
勤務先:白浜ガーデンヴィラ
特徴:高山も登る

1.サイズの割に軽く,通気性も機能性も高いBlack Diamondのバックパック. 2.アルミ製の普通の鍋.1人用の調理には十分なサイズ. 3.食器兼用鍋.かれこれ20年使っている.ステンレス製なので焦げ付きやすいのが難. 4.アウトドアグッズの定番,シェラカップ.しかし意外と嵩張るので最近は家で留守番がち. 5.魔法瓶.真空断熱のためかなり保温性が高い.家で沸かした湯を持っていくと,山で沸かし直す時間が短縮. 6.鍋つかみ.写真に写っていない大きな鍋用. 7.ガスボンベと三脚.ボンベの種類を変えることで,低山から高山まで対応可能. 8.PRIMUSのバーナー.超とろ火から家庭のガスコンロ並の火力まで出せるスグレモノ. 9.僕のバーナーの点火装置はなぜか標高2500mを超えるあたりから作動しなくなる.念の為ライター,防水マッチ,火打石(棒). 10.ホイッスル.遭難へのお守り.ホイッスル内部に名前や血液型などのデータシート入り. 11.ウェットティッシュ.手や食器を拭くのに便利. 12.折りたたみスプーンフォークと割り箸.割り箸は調理にも便利. 13.OPINELのナイフ.切れすぎて危ない. 14.粉末のティーラテや抹茶ラテなど.山で暖かい飲み物は嬉しい! 15.軍手.熱い鍋を持ったり,山では色々と使えます. 16.トレッキングポール.カーボン製なので折りたたんだときに小さくて軽い.2本で400g弱.

おヒロちゃん

生まれ年:1976年
出身地:静岡県下田市
勤務先:焼家
特徴:山登り嫌い

① バックパック:二十歳の頃、大阪梅田駅内にあるショップで一目惚れして購入。留め金が調子悪いけど学校でも旅行でもずーっと使っている。今も大好き。 ② 焚き火缶:アルミ製でガシガシ使える。煤化粧をしたら嫁のように可愛くなった。 ③:まな板:小さい方は100均。大きい方は手作り。 ④:ファットウッド(天然着火材):散歩途中に倒れた松の枝から切り出した。油分たっぷりの松脂。これをナイフで削って使う。でもティッシュペーパーの方がよく燃える。 ⑤:movieカメラ:Contour Roam3(コンツアー)ファインダー無しだが画角が広い。水の中でも使える。一度空港で拳銃と間違えられて小さな騒ぎになった。 ⑥:手袋:ショーワグローブ No.318 滑らず、蒸れず、壊れない。寝るときもはめていたい。 ⑦:ヤカン:2.3人でお茶を飲む時に最適。ティーセットは大人のたしなみ。 ⑧:薪ストーブ:別名「コエダちゃん」。小枝でも、松ぼっくりでも効率よく燃やしてくれる。 ⑨:ノコギリ:シルキーポケットボーイ。とっても良く切れる。最高! ⑩:火打ち石(マグネシウム):壊れないが面倒くさい着火道具。持っているだけで男性ホルモンが着火する。 ⑪:鍋つかみ:クッカーを掴む時に便利。平島部長のものを見て即買い。ティファールのハンドルみたい。 ⑫:アルコールストーブ:仕事の後にお酒飲みながら小さなスキレットを置いて何かを炙る。最高!ほぼ家の中でしか使ったことがない。 ⑬:ナイフ:Mora Knife スウェーデン製の超売れっ子ナイフ。ユニクロのフリース的存在。僕はヒゲもこのナイフで剃る。嘘。 ⑭:ロープ:パラコードというパラシュートでも使うロープ。捕まえた猪を縛り上げる為に身につけている。まだ出番なし。 ⑮:固形燃料用ストーブ:有名メーカーのまがい物。トランプカードくらいの大きさでコンパクト。まだ未使用。 ⑯:ノルディックポール:歩くのにどうしてポールが必要なのさ!フンっ!と思っていたのに一度使ったら病みつき。ゴメンなさい。

アケシン

生まれ年:1972年
出身地:東京都中野区
勤務先:ホテル
特徴:一人を好む

1.THE NORTH FACEやCHUMSでデザインディレクターをしていた人物が2010年に立ち上げたboreasuのバックパック。55リットルサイズ。大は小を兼ねる的発想。 2.snow peaksのクッカーセット。バーナーも中に入れられてベストサイズ。  3.直で地面や岩に座ると冷えるので持ち歩いている折りたたみクッション。思っていたより使用頻度高い。 4.イワタニのバーナー。高山は登らないので、今のところコスパ高いこのバーナーで問題なし。  5.救急用具。一度、足を滑らせた結果、左手中指と人差指の間を割いたことがあるのでそれ以降は必須アイテム。エマージェンシーシートもセットで持ち歩いています。  6.雑誌「PEAKS」付録ミニフライパン。この手の雑誌付録は積極的に使っています。 7.モンベルのトレッキングポール。普段は1本のみ使用  8.携帯用ライト。いまのところ使用頻度は低いけど、そろそろヘッドライトも欲しいこの頃。 9.熊鈴は、基本一人で山歩きすることが多い自分のためにと妻がモンベルで買ってくれたものをお守り代わりに常時携帯。 10.ビクトリノックスのアーミーナイフ&雑誌付録のアーミーナイフを2本携帯。

低山部 部室

場所:伊豆白浜BBQガーデン内
賃料:500円/時間

伊豆白浜バーベキューガーデンにある小屋は一時間500円で借りることができる。
部室として使ったり、誕生日、クリスマスパーティーなどのイベントはもちろん、プロジェクターとサウンドシステムがあるので小さな映画館として使うこともできる。