限定100部のコンプリート版でまとめ読み!

全11話の伊豆下田料理飲食店組合事件簿が完全収録されたコンプリート版が限定100部・特別価格で販売中!意外がられますが伊豆下田料理飲食店組合事件簿はグルメ情報誌です。読んでみて食べてみたくなる料理、会いたくなる店主に会いに下田を訪れていただけたらこれ以上嬉しいことはありません。


※価格は税込です。発送のご注文は送料(360円)がかかります。

無料で序章をお読みいただけます。

主な登場人物

この物語はフィクションですが、各店名、店主、料理は実存します。ぜひ一度お越しください。
人物をクリックするとお店のページをご覧いただけます。

コンプリート版の販売場所

東京

代官山芦屋書店

下田

焼家/むさし/美松/一品香/商工会議所/道の駅 まるごと下田館/村上書店本店・アネックス店・とうきゅう店/普論洞/セブンイレブン下田柿崎店/地場や/ガーデンヴィラ白浜

「著者から読者のみなさんへ」

 

これまで30数冊、本を書いてきましたが、実在の人物を使ってミステリーを書くのは初めてでした。
ドキドキしながらご本人たちにお会いして、料理を頂きつつ取材すると、どの人も、とても個性的でユニークな人ばかりです。しかも料理がうまい! 
こんなとびっきり新鮮な題材で、ミステリーを書けるなど、小説家冥利に尽きます。
しかもみんながみんなに「愛」がある。家族や友人、仲間たち、そしてこの町下田をとても愛していることが、ビンビン伝わってくるのです。
そんな登場人物たちの熱い思いが、この作品には凝縮されています。
下田の美味な料理の数々とともに、ぜひご堪能ください。
こんな町、絶対に旅に来たくなりますよね。
登場人物たちの店を巡って、実際はどんな人たちなのか? ぜひ声をかけてみてください。
きっと笑える……?
そして次には、住んでみたくなっちゃうかもしれません。
この僕のようにね……。
そう、僕は下田に住んで14年になるのです。
この物語には、僕の、この町に対する愛もたっぷり込められています。

岡崎大五

1962年愛知県生まれ。作家。
2003年より下田市在住。下田市観光大使。
ベストセラーの『添乗員騒動記』(角川文庫)をはじめ、下田を舞台にした『生還の海』(徳間文庫)、『サバーイ・サバーイ』(講談社)など著作は40冊以上。
下田の人と自然をこよなく愛する、サーファーでもある。

感想・お問合せ・冊子版の定期購読のお申込みはこちら






確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください