0558-27-3033

営業時間:11:30~14:00 / 17:00~22:00

定休日:月曜日

年末年始:12/31昼のみ 1/1休み

住所:静岡県下田市2-2-3

平均予算:昼 1,800円 夜 4,500円

クレジットカード:可


閃味処 料磨
刺天定食・・・2,200円
鯵のなめろう丼・・・1,300円
脂の乗った金目鯛!
街の中心、八幡神社の側です。
新わかめの出汁がけ・・・500円
地金目鯛の煮付け・・・3,000円
金目玉子とじ丼・・・2,000円
石焼鯵のなめろう丼・・・1,500円
刺身の盛り合わせ(2人前)・・・4,000円
鯵のなめろう作り

▲Topに戻る

お店について

店名 閃味処 料磨 (せんみどころ りょうま)
住所 静岡県下田市2-2-3
電話番号 0558-27-3033
Fax
営業時間
  • 11:30~14:00
  • 17:00~22:00
定休日 月曜日
座席数
  • 30席
  • カウンター 4席
  • 個室2 座敷 24席
駐車場 3台
クレジットカード ok
ホームページ

▲Topに戻る

閃味処 料磨 MAP

料磨外観閃味処 料磨は伊豆急下田駅から徒歩約7分。
街中を通るマイマイ通りを南へ、右手に見える大きな八幡神社(市民文化会館よこ)を左に曲がれば30m先の右側に和の佇まいの料磨があります。
入口近くにはその日のオススメが書き出されています。
街の中心に位置するので街歩きの際に立ち寄りやすい場所です。


閃味処 料磨 (せんみどころ りょうま)

閃きを料理する

料磨の亭主

料磨の亭主

下田の和食の中では若手に位置する料磨の店主。
でも自分の店を持ったのは約17年前(1999年)、まだ20代の時でした。
洋食を志したこともあったという料磨の店主ですが実家が日本旅館ということもあり幼い頃から板前という仕事を身近に感じていたそうです。
19歳から和食の道に入り、以来下田の地魚と季節の地野菜を料理し続けて来ました。

春ワカメの出しかけ

新ワカメの出しかけ

閃味処料磨の特徴は何と言っても「閃味処」というその名の通り、その時その時の「閃き」を大切に料理に向かうところです。
料磨のコース料理は特にお皿一つ一つが一期一会を感じさせます。
人に驚きと楽しさを与えることが大好きな遊び心のある料磨の店主。
「楽しいことが好きで飽きやすいだけ」と謙遜しますが、毎年6月に行われる「下田きんめ祭り」実行委員の中心になり多くの関係者を苦労しながらまとめあげています。

閃味処料磨のおすすめ料理

絶品!地金目鯛の煮付け

絶品!地金目鯛の煮付け

絶品!地金目鯛の煮付け

開店当時から料磨の店主が大切にする地元食材の金目鯛。開店当時とは変わり、今では高級魚になり時には手に入り難い食材になってしまいました。
店主は変わらず下田近海で獲れる地金目鯛を使うというこだわりを持っています。
時にはあまりの相場の高さに泣かされながらも最高の素材を使うことをやめません。

脂がのって身の厚い金目鯛の煮付け。
その調理法は醤油と砂糖だけといういたってシンプル。
その季節の野菜を添えることで自然な甘みと味になると店主は言います。

地金目鯛の煮付け・・・3,000円

地金目鯛の煮付け・・・3,000円


煮汁に溶け出した地金目鯛の脂がきらきらと光っています。
しっとりとした金目鯛の身を箸でつまむとホロッと離れ、口に運べば甘くて優しい味わい。
お値段は張りますが充分にその価値のある一皿です。

  • 地金目鯛の煮付け・・・3,000円
  • その他の煮付け料理

  • 黒むつ煮付け・・・3,000円
  • 竹の子土佐煮・・・600円
  • 新じゃが照煮・・・500円

評判の鯵のなめろう丼

鯵のなめろう丼

鯵のなめろう丼

料磨でリピート率の高い一品がこの鯵のなめろう丼。
大葉・葱・生姜・味噌・胡麻油と鯵の身を包丁の裏で叩きます。
一口運ぶと味は少し強め、味噌と薬味の香りが第一印象を強くします。

料磨の店主曰く、一般的な和食屋では多くの人に受けるように少し味の強さを抑え気味にするのが普通だそうです。
料磨では逆に最初のインパクトを持たせるために強めの味付けにしているそう。
その為かこの鯵のなめろう丼は評判が良く多くのお客さんに支持されています。

  • 鯵のなめろう丼・・・1,300円
  • 鯵のなめろう丼(ハーフサイズ)・・・800円

香ばしさも捨てがたい!石焼き鯵のなめろう丼

石焼鯵なめろう丼

石焼鯵なめろう丼

なめろう丼を選ぶときに捨てがたいのがこちらの
「石焼鯵のなめろう丼」
味噌の効いた鯵のなめろう。石焼にして美味しくない訳がありません!

自分で混ぜるから美味しい!

自分で混ぜるから美味しい!


熱々で香ばしくパンチの効いた一品。
両方頼んで食べ比べてみるのも良いかもしれません!

  • 石焼鯵なめろう丼・・・1,500円
  • その他の丼

  • 穴子玉子とじ丼・・・1,600円
  • 穴子玉子とじ丼(ハーフサイズ)・・900円
  • 伊勢海老天丼・・・3,000円(ハーフ1,600円)
  • 天丼・・・1,600円(ハーフ900円)
  • 穴子天丼・・・1,600円(ハーフ900円)
  • かき揚げ丼・・・1,000円(ハーフ600円)

刺天定食

カラッと揚がった天麩羅

カラッと揚がった天麩羅

閃味処料磨のおすすめ定食がこの「刺天定食」。
カラッと揚がった海老・魚・野菜の天麩羅と地魚中心の刺身の盛合せ。
これに香の物、ご飯、汁物がついています。
満足の行く定食です。

  • 刺天定食・・・2,200円
  • その他の定食

  • 刺身定食・・・1,800円
  • 天ぷら定食・・・1,600円
  • 焼魚定食・・・2,000円
  • 煮魚定食・・・2,000円
天ぷら刺身定食
刺身の5点盛

刺身の5点盛

刺身の盛合せ

地魚中心の刺盛り

地魚中心の刺盛り

料磨に来たなら味わって欲しい地魚の刺身。
店主はとにかく地物の最高の素材を仕入れることに心を注いでいます。
時には相場が上がり仕入れ値の高さに泣きながらも、やせ我慢しながらその時の最高の地魚を仕入れ続けます。
その心意気が伺える刺身の盛り合わせ。
この日のネタは、とろけるような地金目鯛、黒ムツ、バショウ烏賊、ワラサ、スズキ、尾長鯛。
さり気なく添えられた飾り切りが店主の遊び心とセンスを伺わせます。

ぜひ味わって欲しい下田の地魚です!

  • 刺身の盛り合わせ(2人前)・・・4,000円
  • その他の刺身

  • 平目・・・2,800円
  • 金目・・・2,800円
  • 黒むつ・・・2,800円
  • 尾長鯛・・・2,000円
  • ぶり・・・1,500円
  • ばしょういか・・1,500円
  • 鯵・・・1,100円

煮付けや刺身だけでない「金目玉子とじ丼」

金目玉子とじ丼・・2,000円

金目玉子とじ丼・・2,000円

金目鯛料理のバリエーションが多い下田。
その中でも料磨では金目玉子とじ丼がオススメ。
絶妙な火加減で閉じられた金目鯛。
料磨でしか味わえない丼です。

きんめ卵とじホロホロと柔らかい地金目鯛が甘く優しい味わい。

  • 金目玉子とじ丼・・・2,000円
  • 金目玉子とじ丼(ハーフサイズ)・・・1,200円

新ワカメの出汁がけ

春ワカメの出しかけ

新ワカメの出しかけ

春の下田では多くの食材が賑わいます。
山の恵みだけでなく海の恵みを味わえるのが下田の良い所。
料磨でこの時期に楽しめるとっておきの一品がこの「新ワカメの出汁がけ」。
口開けとともに地元で採られたワカメに熱々のだし汁をかけます。みるみるうちに鮮やかな緑色に、そして湯気とともに磯の香りが!
口に入れれば何とも良い歯ごたえ。
これほどシンプルで素材の力を感じられる料理はそうはありません。
料磨の店主は「簡単だよ」と笑って謙遜しながら応えますが、シンプルに美味しいものを出す。
簡単なようで難しい、食べた人に深い印象を残す料磨ならではの一品です。
春に訪れた方はぜひ味わってください!

  • 新ワカメの出汁がけ・・・500円
  • その他の一品料理

  • 天ぷら盛り合わせ・・・1,800円
  • 大根とじゃこのサラダ・・・500円
  • 長芋と茗荷のサラダ・・・500円
  • 揚げ出汁玉子・・・700円
  • もずく酢・・・500円
  • じゅんさい酢・・・500円
  • あんきも・・・500円
  • わらび三杯酢・・・400円
  • 雲丹かるかん・・・1,000円
  • 和牛ステーキ・・・2,900円
  • 20時~22時限定 〆の一品

  • 冷やし稲庭うどん・・・600円
  • 金目鯛揚げ茶漬け・・・900円
  • 本日のまご茶漬け・・・800円
  • うめ茶漬け・・・600円

▲Topに戻る

閃味処 料磨のクーポン

取り扱っておりません。

▲Topに戻る

閃味処 料磨の宴会・コース

閃味処 料磨ではゆったり寛げる個室を用意してあります。
宴会や法事などでのご予約も承っています。

  • 昼のコース・・・3,000円~
  • 夜のコース・・・4,000円~


詳しくはお店までお問い合わせ下さい。

▲Topに戻る

閃味処 料磨のお問合せ

お電話にてお問い合わせ下さい。 Tel 0558-27-3033

このお店をチェックした人は、こんなお店も見ています