下田で "伊豆の幸" を楽しめるお店は 20軒見つかりました。

和食

酒処 なぶら

船を持ち漁にも出る下田の魚屋直営の酒処なぶらは新鮮な魚介類の仕入れに定評があります。
特筆すべきは店主が特に力を入れる貝類。
地元のサザエ・アワビ・尻高(しったか)・トコブシはもちろん、赤貝・平貝・ホッキ貝・白ミル貝・皿貝・ツブ貝・・etc
季節の貝類を主に刺身や焼いて提供してくれます。

もっと詳しく»

地物カフェダイニング irori

地物カフェダイニング・iroriは店名にある通り、何と言っても地元の食材をふんだんに使ったメニューが特徴です。
南伊豆の伊豆鹿、イノシシ(伊豆はイノシシの知られざる名産地なんです)。
下田沖のイサキやスズキなどの地魚。
採れたてのクレソン、金柑やオレンジなど季節ごとの伊豆の柑橘類を使ったドリンク。
食材の選び方、使い方が下田人ではなかなか思いつかない、この世界に飛び込んだ新鮮な目をもったiroriさんならではです。

もっと詳しく»

Dining &Bar Naminami

Dining &Bar Naminamiは何と言っても誰でも気楽に足を運べる店作りで、昼間はリーズナブルな価格でランチメニューが豊富に揃い、夜は一転お酒を楽しむ洋食居酒屋と言った雰囲気です。
開国厨房らしく金目鯛を中心とした地魚、天城軍鶏、伊豆牛を使って次々と新しい料理を作るので飽きのこないお店なんです。

もっと詳しく»

閃味処 料磨

閃味処料磨の特徴は何と言っても「閃味処」というその名の通り、その時その時の「閃き」を大切に料理に向かうところです。 料磨のコース料理は特にお皿一つ一つが一期一会を感じさせます。

もっと詳しく»

市場の食堂 金目亭

下田魚市場にある食堂「市場の食堂 金目亭」は名前の通り下田名物の金目鯛を中心に新鮮な魚介を食べることができる食堂です。
店内は色鮮やかな大漁旗がかざられていかにも漁師町の食堂の雰囲気。 今では高級魚と言われる金目鯛を比較的リーズナブルに、そして豪快に食べることのできる食堂です。

もっと詳しく»

けむり

豆炭に七輪。のせるお肉は一頭買いで仕入れる新鮮な豚のホルモンや季節の地元野菜。
お店の名前通りにまさに”けむり”に包まれながら焼酎やホッピー、生ビールは静岡限定の静岡麦酒を片手にホルモンを頬張る!そんな下田の夜の楽しみ方もオススメです!

もっと詳しく»

花よし

花よしでは、漁師から直接仕入れた魚を店内の水槽で活かしているのでネタが新鮮!
魚を水槽から選ぶことももちろんできます。

もっと詳しく»

開国厨房なかなか

下田駅近くのまちなかメイン通り「マイマイ通り」に面しています。鮮度の良い地金目鯛や地魚は、店長の実家が白浜の魚屋さんだからこそ。毎日、新鮮な魚を仕入れています。鮮魚以外にも天城軍鶏や伊豆牛などの周辺地域からも美味しい食材を取り入れ、素材の味を活かした串焼きや創作料理を提供しています。

もっと詳しく»

魚助(うおすけ)

魚助は地魚を主に使った磯料理のお店。そのメニューは定食から一品料理まで、とても幅広く用意されています。中でも一品料理の種類は常時 30種類以上もあって、地元下田の人たちは居酒屋として魚助を利用することも多いです。

もっと詳しく»

開国厨房 なみなみ

開国厨房なみなみのオーナーは、下田生まれの下田育ち。下田に対する愛情は誰にも負けないと公言します。その言葉通り江戸時代から続く、下田の夏祭りではなみなみのオーナーの名を知らないものは居ないほどの活躍ぶりです。料理の腕前だけでなく、太鼓や笛の技術も誰にも負けません!

もっと詳しく»
1 / 212