第35話「音楽の聞こえる港町」

下田八幡神社例大祭

 

昔は、夏になると、祭りが全国で催され、特に盆踊りは、その地元の一大イベントだった。

 

盆踊りでは、お囃子に合わせて、踊りを踊る。

それに対して、祭りの神輿には音楽がほとんどない。

 

ここ下田では、2種類の祭りに大きく分かれる。

町中の祭りと町中以外の祭りだ。

 

特に、町中にある下田八幡神社例大祭の祭りには特徴がある。

道具と言われる喧嘩神輿、大きな神輿を担ぐもの、そして太鼓台といわれるお囃子付きのものである。

 

大抵の祭りは神輿祭りが印象的だけど、下田の町中の神輿には音楽付きなのである。

厳密にいうと、「そりゃ、そりゃ」と掛け声の後に、太鼓台の行列がお囃子を奏でてあとをついてゆく格好だ。

 

祭の子どもたち

祭の子どもたち

 

このように、町中の祭りは他の祭りに比べてにぎやかで、3種類の出し物を楽しむことができる。

 

まちびとの音楽気質

 

小さい時から祭りに出て、知らずのうちに、音楽に触れるというのも下田っ子ならではのことである。

 

お囃子には、三味線、横笛、太鼓の楽器が登場する。

 

昔は、芸者衆が三味線を弾いて祭りに参加したそうである。

 

自ずと大人になっても音楽好きが多くなる。カラオケを入れている店が多いのもうなづける。

 

だから、地元のミュージシャンというのも誕生することになる。

 

あるいは、ライヴコンサートを店で開くということも多く見られるということにもなる。

 

「ブージー・ブルース・バンド」

 

こうした音楽好きが高じて地元でバンドを組んだ人もいる。

 

ここで一組のバンドを紹介しよう。

「ブージー・ブルース・バンド」は、カフェ「櫛田蔵」の主、櫛田雅志さんを中心にした、主にブルースを演奏するグループである。

 

楽器演奏者のテクニックの質の高さもさることながら、雅志さんのハスキーな歌声は人を魅了する。十八番の♪Georgia on my maid♪は、いいんだなーこれが。心をつかまれちゃう。

 

「カフェ 櫛田蔵のライヴより」

「カフェ 櫛田蔵のライヴより」


 

カフェ「櫛田蔵」では、ライヴ会場も提供している。

一例を挙げれば、私が関わった、2015年6月の「カンツォーネ歌手 青木純 カンツォーネライヴコンサート」もこの店で開催した。

 

「カフェ 櫛田蔵のライヴより」

「カフェ 櫛田蔵のライヴより」


 

「ハーバーライト」

町中には、「櫛田蔵」のようにライヴ会場を提供する店は他にもある。

 

その一例として、バー「ハーバーライト」をとり挙げてみよう。

店主、鈴木勝士さんはロカビリーなどアメリカの曲をこよなく愛する人で、色んなミュージシャンを招いてコンサートを開いている。

 

例えば、風変りのところでは、冬場に開催される「セ三味ストリート・ボーイズ」の三味線ライブである。

一見堅苦しいような邦楽分野だけれど、この人たちの手にかかると、最先端の音楽アレンジをこなし、新たな響きを奏でてくれる。見事なパフォーマンスの数々で、聞き手を全く飽きさせない。

新しもの好きの下田っ子には受けること間違いなしである。こういう目新しいものも聴けるのが下田である。

 

「バー ハーバーライトのライヴより」

「バー ハーバーライトのライヴより」


 

黒船が運んできた音楽の贈り物

 

見てきたように、現在の下田っ子の音楽好きは、私見であるが、すでに黒船が来た時に端を発しているように思う。

 

ペリー艦隊の乗組員が隊列を組んで、了仙寺まで行進した際に、その中に軍楽隊がいて、アメリカの音楽を演奏しているのである。

 

「アルプス一万尺、こやりのうーえで・・・」

 

聞いたことのある曲だと思うが、この曲も演奏された。

 

当時この行進を見物していた、下田っ子の耳には、まさに新しい音、新しい音楽が雪崩のごとく流れ込んできたに違いない。

 

例大祭のお囃子を身をもって体感できる人たちである、どうしてあちらの音楽に慣れない訳がないじゃありませんか?

 

ということは、今の下田っ子の音楽の魂の一部には、黒船が運んできた音楽の魂、伝統が息づいているのではないだろうか?

コメントする

岩崎 努

京都出身、2013年に念願の下田移住を果たす。
普段は小学生の子供たちの宿題をみる野人塾の傍ら興味の尽きない歴史分野、下田の歴史を調査中。
周りからは「野人」と呼ばれている。
酒好き、読書好き、ジャズを中心に音楽をこよなく愛す。